MENU

増田立義の自宅住所はどこで特定!妻嫁子供の名前顔画像【川崎幼稚園理事長】

9月5日に3歳女児が”通園バス”に置き去りにされ、熱中症により死亡という痛ましい事故が静岡県牧之原市認定こども園「川崎幼稚園」であり、そのずさんな管理体制や、保護者向け説明会と謝罪記者会見で当時幼稚園理事長であった増田立義反省が全く見られない様子がありえないと話題となっています。

今回は、川崎幼稚園の理事長である増田立義自宅住所妻嫁子供名前顔画像などについて調査してお届けします!

目次

増田立義の自宅住所はどこで特定?

増田立義自宅は、業務上過失致死で家宅捜索の様子として以下の動画の0:23辺りに映っています。自宅全体を見ることはできませんが玄関ははっきりと映っています。

思ったよりも庶民的な家で派手さはなく、日本の昔からあるタイプの家のように見えます。幼稚園・認定こども園の理事ということで、豪邸を想像しましたが意外にも自宅にはお金を掛けていないことがわかります。


住所については、特定できておりません。川崎幼稚園静岡県牧之原市ありますので、幼稚園の理事ということもあり同じ市に住んでいるのではないかと思います。私自身2人の子供を幼稚園に通わせていた経験がありますが、その幼稚園では理事長と園長は幼稚園の隣に住んでいたので、増田立義も「川崎幼稚園」の近くに住んでいる可能性は高そうです。

増田立義の妻(嫁)や子供の名前は?

https://twitter.com/G1HoXCU2gAVJCcq/status/1567123540855640064

増田立義妻(嫁)はどんな人物なのでしょうか?調べてみたところ情報はありませんでした。幼稚園は親族経営なことが多いですが「川崎幼稚園」も昭和51年(1976年)に増田秀夫という人物が「川崎幼稚園」の園長であったと情報があります。

同じ苗字ですので、やはり親族経営が濃厚ですね。しかし妻(嫁)である人物の情報は全くありませんでした。夫婦で理事長と園長をするという園は少なくないのですが、川崎幼稚園では増田立義が理事長と園長を兼ねています。つまり妻(嫁)は表には立たず裏方、例えば幼稚園教諭事務員として働いていた可能性はありますが、あくまで推測です。プライバシーに関わる事なので取り扱いには注意が必要です。

また、子供については息子がいるのではないかという情報が出ています。こちらもあくまで噂になるので真偽は分かりませんが、今回の事件について報道陣の取材を受けていた川崎幼稚園の事務長の名前「増田太郎」同姓であったことから、この人が息子ではないかと言われているそうです。

しかし、どちらの情報も定かではありません。あくまで噂であり家族でない可能性も大いにあります。

増田立義の妻(嫁)や子供の顔画像は?

増田立義は3人家族であり、幼稚園は親族経営である説が濃厚ではありますが、妻(嫁)や息子を特定した顔画像見つかりませんでした。痛ましくひどい事件ではありますが、個人の写真や画像が憶測で流通するのは恐ろしいことです。

子供を通わせていた保護者や幼稚園に関わりのあった方の中には、顔を知っている人はいるかもしれませんが、プライバシーの観点からも今後顔写真が出回る可能性は低いかと思います。

これからの事件の続報や真相により、取材会見などで今後また幼稚園関係者が表に出るということはあるかもしれませんね。

増田立義の子供(息子・娘)は川崎幼稚園の経営を引き継ぐ?

増田立義は保護者に向けた説明会で、理事長兼園長を辞任することを伝えていますが、後継者はどうなるのでしょうか?現在のところ3人家族であるという情報が回っており、「増田」の姓の事務長が本当の息子であれば引き継ぐこともあるかもしれません。しかし、3人家族であることも、事務長が息子であることも真偽は分かりませんので言い切れません。

もしかしたら、など数人子供がいる可能性も否定できませんし、外部から別の人物を入れてることも考えられますから、誰が経営を引き継ぐかは不明です。

また、記者会見で増田立義が「廃園になるかもしれないね」と発言した後に微笑む姿がSNSで拡散されており、信じられないと批判で溢れています。確かに園児1名が亡くなった事故の記者会見とは考え難い様子でした。

経営に関しては、長く理事長不在であることはあり得ないとは思いますので、理事長後継者が出るか、増田立義の発言通り幼稚園自体が廃園となるのか…近々情報が出るかもしれません。


まとめ

今回は、川崎幼稚園理事長である増田立義自宅や住所妻嫁子供の名前顔画像などについて調査してお届けしました。

増田立義は川崎幼稚園の近くに住んでいる可能性が高く、住所などはわかりませんでした。また、妻や子供についても詳しい情報は見つかりませんでした。憶測で全く違う人の情報が流れてしまうと危険ですので、噂に流されず詳細については取り扱い注意だと思います。

何度ニュースや報道を見ても、あまりの痛ましい事故に胸が痛みます。幼稚園の管理体制、そして保育に対しての志や意識の低さをどうしても感じてしまいます。今後、増田立義そして副園長からもきちんとした謝罪があることを願うばかりですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次