MENU

スキー場でスキー板やボードが無くなった時の対処方法や盗まれない予防策を紹介!

  • スキー場でスキー板やスノーボードが無くなった経験がある
  • 昼食中やトイレに行っている時に盗まれないか心配…
  • 友人から盗難にあったという話を聞いた…

本記事では高いスキー板やスノーボードを購入したけど、盗難に合わないか心配な方に向けてお悩みにお応えします。

私自身も数万円のスノーボードを購入して何度もスキー場へ行きましたが休憩中にボード置き場において戻ってくると自分のボードが無くなっていたという経験があります。

そのときの経験から今回は、スキー場でスキー板やボードが無くなった時の対処方法や盗まれない為の予防策を紹介していきます!

目次

スキー場でスノーボードがまさかの盗難に!?

スキー場に自分のスノーボードを持っていって滑っていたのですが休憩でボード置き場において休憩し、戻ってくると自分のボードが見つからない!

といった経験があります。

何度も何度も周囲を満遍なく探しましたが見つからず

結果的に自分のボードが見つかったのですが、このときどのように対処したのかについて詳しく紹介していきます!

板が無くなった際はインフォメーションセンターへ!

自分が板を置いていた付近を探しても見つからない場合はすぐにそのスキー場のインフォメーションセンターへ駆け込みましょう!

板が無くなったことを伝えると…

  • いつ
  • どこで
  • どんなスキー板(スノーボード か?)

が聞かれますので質問された内容に答えます。

すると無くなった板についてスキー場内でアナウンスがされますので、周囲の人も注意をしてみてくれるようになります。

私の場合はアナウンスをして貰い、半ば諦めていましたが少し時間が経って元のボード置き場に戻ると、元の場所とは違いましたが自分のボードを見つけることが出来ました。

おそらくですが、間違って私のボードで滑っていってしまったけれどアナウンスを聞いて改めてボードを確認すると間違いに気づいたのではないかと思います。

すぐに見つからない場合は警察を呼ぶ

スキー場内ですぐに見つからなかった場合は警察を呼んで盗難届を出すことになります。

しかし盗難届を出しても見つからない場合が多いそうです。

警察に頼ることは必要ですが、盗難に合わない。間違って持っていかれない為にも予防策をしておくことが重要です。

板の盗難予防:自分の板には目印をつける

スキー場ではみんな色んなデザインのスキー板やスノーボードを愛用していますが、同じデザインが被ることもあります。

また、色んな柄があり、この人はこのボードを使っている。って覚えておくことも難しいです。

その為、ボード置き場にある他の人のスキー板やスノーボードを持って行っても気付かれ難いのが実情です。

なので自分の板を持っていかれない。持って行かれ難くする為に、デザインが被ったとしても自分の板が一目で分かるようにステッカーなどを貼っておくことをお勧めします。

そうすることによって、仮に他の人が自分の板で滑っていてもすぐに自分のだと分かりますし、他の人も間違って持って行ったり、盗み難くなります。

ステッカーを貼って以降、盗難にあったことはありません。

板の盗難予防:ワイヤーロックをかける

続いての盗難予防は自分のスノーボードやスキー板から目を離す際は、「ワイヤーロック」をかけることです。

ワイヤーロックはダイヤル式の施錠が一般的で値段も1,000円程度であります。

自分の板が無くなってしまうことを考えると、ワイヤーロックをしてしまえば絶対に無くなることはありません。

まとめ:スキー場で板が無くなった時の対処方法や盗まれない予防策

本記事ではスキー場で自分のスノーボードやスキー板から目を離した隙に、板が無くなってしまったときの対処方法や盗難に合わない為の予防策について紹介しました。

[box05 title=”対処方法・予防策”]

  • 無くなった際はインフォメーションセンターへ
  • 予防策①:板にステッカーなどの目印をつける
  • 予防策②:ワイヤーロックをかける

[/box05]

自分の板が見つからなければすぐにインフォメーションセンターに状況を説明してアナウンスをして貰うことで、戻ってくる可能性が高くなります。

またそもそも無くならないようにする為にも、自分の板が一目で分かるようにステッカーを貼ったり、ボードを置いて離れる際はワイヤーロックをかけるようにすれば盗難の未然防止が可能です。

私も無くなった時は非常に焦りましたが、それ以降今回紹介している予防策をすることで無くなったことはありません。

高いお金を出して購入した自分のボード(スキー板)なので、本記事を参考にしていただき対策を打っていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次