MENU

鈴木エイトの結婚した妻嫁と子供!大学学歴にバンドでイケメン!

鈴木エイトさんは旧統一教会(世界平和統一家庭連合)を20年以上取材しているジャーナリストです。

旧統一教会(世界平和統一家庭連合)は解散命令などを始め、現在メディアでも最も話題となっていますが、その中でも鈴木さんはテレビの情報番組で宗教問題の特集にコメンテーターや解説員としてゲスト出演しています。冷静沈着かつ鋭い分析分かりやすい説明をする事で世間の注目を集めていますが、一体どのような人物なのでしょうか?

今回はそんな鈴木エイトさんの結婚した妻、嫁と子供!大学、学歴にバンドでイケメン!について調査してお届けします!

目次

鈴木エイトの大学学歴

名前;鈴木エイト(すずき えいと)
職業;フリーライター、ジャーナリスト
出身地;滋賀県
学歴;日本大学経済学部
著名な実績;「やや日刊カルト新聞」主筆(編集責任者)
経歴;音楽活動、不動産関連会社勤務、児童館勤務
著作;「自民党の統一教会汚染ー追跡3000日」小学館 2022年(単著)
   塚田穂高編著「徹底検証 日本の右傾化」筑摩書房 2017年(共著)
   田中信一郎他ハーバー・ビジネス・オンライン(編集)「日本を壊した安部政権」扶桑社 2020年(共著)

鈴木エイトさんは2011年よりジャーナリストとして活動しています。滋賀県出身で、東京都千代田区にある日本大学経済学部に入学。日本大学卒業が最終学歴になると思われます。

エイトさん25歳頃まではパンクバンドのボーカルとして活動しており、その後は不動産関連会社や児童館等に勤務していました。

2002年頃報道番組で旧統一教会(世界平和統一家庭連合)による偽装勧誘の実態を知った事をきっかけに、勧誘を阻止する活動を単身開始されます。偽装勧誘とは宗教団体という事をあえて明かさずに、手相や姓名判断、アンケートの名目で街行く人に声をかけ、最終的に教団に加入させる勧誘手法の事です。

鈴木さんは当時、新宿や渋谷で行われていた偽装勧誘の現場に割って入ったり、教団施設に乗り込んで勧誘を阻止するといった活動を続けるうちに、信者の心情や被害者を生む構造に関心を抱き、本格的に旧統一教会を始めとするカルト問題に取り組む様になったとの事です。

本格的な活動の前から、旧統一教会について身近な人が入信していたことから元々一定の関心はあったそうです。そこから、報道番組で偽装勧誘の実態を目の当たりにして、偽装勧誘はフェアじゃないと憤りを感じ活動を始められたとの事です。偽装勧誘を受けている人に『これ、統一教会の勧誘だよ』と声掛けるスタイルだったそうですが、その際に信者に自宅まで尾行されたり、殴られるといった事もあるらしく、身の危険を冒しながらも活動されていたようですね。


鈴木エイトのバンド時代やバンド名は?

鈴木エイトさんは25歳頃までパンクバンドのボーカルをやっていたそうです。

バンド名などの情報は調べてみたところありませんでしたが、バンド時代の名前は数字の七にちなんだものだったという情報が見つかったことから、セブン、シチ、ナナのいずれかの名前で活動されていたのかもしれません。その際「次はエイト(八)かな」とも発言してたようなので、この情報はかなり有力です。

ジャンルのパンクロックは1970年代に登場した音楽ジャンルの一つで、技術よりも熱量でギターをかき鳴らし、速いテンポで攻撃的な歌詞を叫ぶのが特徴として挙げられます。「不良」「役立たず」等の意味を持つ英単語「PUNK」からきています。日本でいうと「THE BLUE HEARTS」(ザ・ブルー・ハーツ)や「サンボマスター」がそれに当たり、海外でいうと「THE CLASH」(ザ・クラッシュ)になります。

鈴木さんのインパクトのある髪型もイギリスのミュージシャン The Cure(ザ・キュアー)のメンバーであるロバート・スミスさん影響が入っているそうです。

また、ポジパンと呼ばれるポジティブパンクが好きと発言。ポジティブパンクの特徴は、パンクのように既成の音楽概念を打ち破ろうとする自己改革的なスタイルを貫いているが、詞的にはパンク・ロックのような外に向けられた攻撃性や政治的メッセージまでは持ってない。つまり過去のパンクバンドの様なネガティブな性質ではないことからポジティブと呼ばれたのが始まり。


今の鈴木さんの活動とも通じるところがあるように感じますね!冷めた頭脳と熱い心の持ち主、というところでしょうか。



鈴木エイトはイケメン?

鈴木エイトさんは旧統一教会を始めとする「カルト集団」や「カルトと政治」「カルトと2世問題」「ワクチン関連」に通ずる専門家と言われているジャーナリストですが、SNS上では『顔も心もイケメン』『シュッとしててカッコいい』等の声も数多くあがっています。

確かにスリムで小顔であり、顔のパーツも整っていている印象なのでバンドをやっていた若い頃はかなりモテていたのではないかと推測されます。

また、『心もイケメン』と言う声については、嘘をついて勧誘するという精神がフェアじゃないと憤りを感じ単身で行動を起こしたりすることや、その熱心な現場主義の取材姿勢から来ているようです。旧統一教会からも要注意人物として顔写真付きで‘’全国指名手配‘’された経験を持っており、そのリスクを顧みない正義感に感動し弁護士やジャーナリストを志望する若者も増えているようです。

話題にしにくい事柄でも恐れる事なく、間違っている事は間違っていると世間に訴える鈴木さんの姿こそ確かにイケメンだと言えると思います。



鈴木エイトの結婚した妻嫁と子供

鈴木エイトさんは職業柄、結婚は難しいのではないかと想像しがちですが、現在は結婚して家族がいると発言されています。しかし旧統一教会からのマークは現在も続いているらしく、自宅の周辺には不審な人物が現れるそうなので、自衛のために詳しいことは語られていません。

宅配業者を装った人物が「雨で住所が滲んで読めないので住所を教えてもらえますか」と電話で聞いてきたり、現在も家の周りを不審者がウロウロしているそうです。エイトさんは旧統一教会の問題に関わり始めた当初、何かあると危ないと思って服の下に防刃ベストを着るようにしたらしく、最近も久しぶりに身に付けているとの事です。また、地元の警察署には重点パトロールをお願いしているそうです。

さらに驚くべき事に旧統一教会と密接な関係がある自民党のとある議員から直接脅迫めいた事をほのめかされた事もあったそうで、ある自民党議員の街頭演説を取材したら議員がわざわざマイクを外してエイトさんに直接「〇〇さん、早く××の家に帰った方がいい」と本名と住所を知っているアピールをしてきたそうです。

しかしエイトさんはそれらについて「脅迫という行為には常に滑稽さが同居している」と冷静に語っており、「変に恐れないで、笑い飛ばす対象にした方が良い。笑い飛ばす事で自分の体験を対象化して、教団の本質を見極める事が出来る。脱会者のリハビリでも同じ。カルト問題を広く世間に知ってもらうには、笑いの要素もあった方がとっつきやすい。それが”騙される人がおかしいのだ”で済ませてしまう様な認識を、一般の人が改めてくれるきっかけになれば。もちろん笑いでは済まされない深刻な問題もあるので、それはそれできっちり伝えていこうと思っています」と話されています。

このように危険と隣り合わせなので、結婚相手の詳しい情報やお子さんの有無は公表されないもの納得です。今後も安全を祈っています。


まとめ

以上、鈴木エイトさんの結婚した妻、嫁と子供!大学、学歴にバンドでイケメン!についてまとめました。

鈴木さん現在結婚されて家族がいますがお子さんが居るかどうかは不明、旧統一教会からのマークがある為に詳しいこと公表しない形を取られています。

日本大学を卒業され、若い頃にパンクバンドのボーカルをやっており、その精神を大切にしながら今のメッセージ性の高い活動を行っており、顔のみならず心もイケメンだと世間で言われていることもわかりましたね。

宗教や詐欺問題はいつ誰のもとに降ってきてもおかしくないので、エイトさんの様に危険を冒しながらも解明しようとしてくれる人はとても貴重で大切だと感じました。これからの活動も応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次